揺れる何か
Just another WordPress site
Menu

鼠退治は一騒動 2017年12月17日

我が家には鼠様が現在進行形で出没しております。はじめに気が付いたのは、お味噌を入れて保存していたプラスチック容器がガリガリ齧られていた音と無残な状態になったフタを見たときでした。ただお味噌は味覚に合わなかったみたいで、被害はプラスチックだけで済みました。そのあと被害状況を把握するためにストックを確認すると、鼠様はお出し系がお好みのようで、和風だしの素はアルミ箔もろとも中身も味わったようでした(お味噌汁はいりこと鰹節でだしをとることに変えました)コンソメの素も同じように被害が出ました。(もともとあまり使用していませんでしたので素材からスープをとることは変わりません)あとは水回りから侵入していたので、炊事場からリビングに入りたかったみたいでドアが牙か爪か分かりませんが傷ついておりました。ウチは猫は飼っておりませんので駆除をしないと思い、粘着性のわなを購入して通行しそうな所に仕掛けました。出かける前に侵入経路に3つばかり仕掛け出かけました。何故かハンターではありませんが、仕事をしていてもドキドキ気が気ではなく落ち着かず、終業とともに飛ぶように帰宅いたしました。仕掛けを見ると予想されていた大人の鼠ではなく、2匹の生まれたてのような小鼠が息も絶え絶えでした。心が痛みました。親鼠の方は粘着が弱いのか大量の毛を残して脱出したいと思います。ただその後も頻度は落ちましたけど出没はしてるみたいです。逆に最近は、仕掛けを忘れて私が仕掛けに引っかかって一騒動です。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です