揺れる何か
Just another WordPress site
Menu

座ってたら避けられないって 2017年11月29日

若干の煙たがりたさみたいなのに巻き込まれて、ある意味喋る意味すらないことに環境とかが汚染でもされてるみたいにそこが絶対ダメなのにその姿勢のまんま健在だったり、迷惑だなとかでそっから関わられなきゃ知らなくて良い洗脳みたいなのとかに今すら知らなくて良い話とかも笑い飛ばせたと思う過去があります。一定期間で引きますが、迷惑がってもそのを良いとして行く人がいる限り、続くんです。そりゃ建築した瞬間に分からない意図があるんですから。一校分、嫌でも浮いているわけですから。分かってて行かない人達になぜ分かったかのような魔の手が浸透するんでしょうね。行かないというのが分かってて近付かないとかの学びがある人達です。行ってることに引きますけど、実際いっぱいいたんですよ。行かないとかの危機感もなくたくさんいるなんて、その人達が洗脳者なんですかね。近づかないですね。嫌いレベルなわけですよ。近隣とか地域とか口走る生活やら時間やらは誰に喋りかけられて迷惑として記憶に残るんですかね。それに言ってるんです。それでも記憶から抜けないんです。いらない学妨げでしたからね。当時から遊んでたら楽しかったのに、そこに行かされた日からはその生活が滅されたんですから。いっぱいいたんです。何度も言いますが。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です